死後4万年が経過した更新世の巨大オオカミの完全な頭部がシベリアで発見される(ロシア)

スポンサーリンク
カラパイア

0_e

 永久凍土のおかげで、その獣の頭部にはまだ脳が残されていた。

 ロシア、サハ共和国北部のアビー地区を流れるチレフチャフ川の岸辺で、世界初となる更新世のオオカミの成体の完全な頭部が発見された。

 推定では死後4万年が経過しているというのに、被毛はほとんどそのまま残され、立派な牙だって生えている。
続きを読む

Source: カラパイア
死後4万年が経過した更新世の巨大オオカミの完全な頭部がシベリアで発見される(ロシア)

コメント